2008年11月25日火曜日

さて、オバマ政権での金融チームが指名されましたが そにょ2

では、続けて残りの二人行ってみましょう。

 

大統領経済諮問委員会※1委員長

クリスティーナ・ローマー(Christina Romer)

国内政策審議会※2長官

メロディー・バーンズ(Melody Barnes)

※1

NEC(National Economic Council=国家経済会議)と役割は同じですが、こちらは大統領の私的諮問機関です。

NECは正式な『政府機関』ですので、CEA(Council of Economic Advisers=大統領経済諮問委員会)とは性格が異なります。

※2

DPC(Domestic Policy Council=国内政策審議会)は、大統領府に属する正規政府機関であり『経済以外の政治全般について大統領にアドバイスする』のが目的です。

93年以降、経済問題はNECが専門に担当しています。

 

……まぁ、正直言ってこのおばさんってとこだと思います。

ローマー女史は、カリフォルニア大学バークレー校の経済学の教授です。

民間の大学教授の登用ですから……

日本で言うなら、竹中元金融大臣のようなポジションでしょうかね?

バーンズ女史は弁護士ですが、オバマの選挙チームで政策参謀をやってたんです。

その流れでしょうかね。

 

こっちの二人に関してはそれほど危機感はありません。

ま、アカ弁護士っぽいですが、米国内でやる分には文句はありませんw